馬の歯

先日、馬の歯の治療に馬専門の歯医者さんに来ていただきました。

野性の馬と違い、人間の手で飼われている馬の歯は、放っておくと尖ってきて口の内側を傷付けたり、噛み合わせが悪くなるそうです。
それが原因で、馬はストレスを感じたり、飼い食いが悪くなったりすることもあるらしく、なるほどーと思いながら今回もたくさん馬学を勉強させていただきました。

ほとんどの馬は特に異常なく、伸びてきている歯を削ってもらい、噛み合わせなどをチェックして終わりました。
が、中には長年放置されていたような尖った奥歯が見つかったり、噛み合わせがガタガタでかわいそうな馬もいました。

治療後の馬は噛み合わせに違和感を感じるため、餌の食べ方が普段よりもあまり食べなかったり遅かったりするそうで、みんな始めは少し戸惑っていたようですが、一日もたてばモグモグと元気に餌を食べていました!
馬の管理、世話をしている者としては、馬が健康でいてくれることが1番です。

みなさんの愛馬の歯は大丈夫ですか?
定期的に診断してもらうことをお勧めします!

〜お知らせ〜

7月27日 杉谷サマーナイトホースショウにて出店致します☆
是非お立ち寄り下さい☆


コメント